明日は明日の風が吹く~
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


03 , 27
とある企業の最終面接までこぎつけました。




新卒の時は全く考えてもいなかった金融業界。

そして転職の際も全く考えてもいなかった金融業界。





なぜなら、私は金融のタイプじゃないから




金融業界は、男性はかっこよくてできる男。
女性はきれいで素敵な女性。


単純にそう思ってますし、今もそう思っています。




だから、今の状態は、魔が差したとしか言えません。



退職してからは、とりあえず人材紹介会社が言うところを

何社か受けましたが、全部撃沈。




んじゃ、自分で探すしかねぇか、と探して応募したのです。




別に興味があるわけでもなく、

なんとなく気になったので書類を出したのです。




落ちることには慣れていましたから。





そして、書類選考では落ちることはほとんどないので、

書類が通過して嬉しかったですが、

ま、面接で落ちるだろうから、気合入れずに受けに行きました。



もちろん、失礼のない程度に。




受かることに越したことはないが、

面接の場数を踏みたいというのが本音でした。








ヤバイ。




なんかイイ







一次面接は、2人の男性を前に始まりました。


とりとめのない話をした後、

職務経歴書を見ながら、一人が質問し、

もう一人がメモをする。

それを繰り返しながら、退職理由や志望動機、これからどうしたいか



おそらく聞かれたのは、この3点のみ。




いつも通りに適当に答えて、

これからどうしたいか、これについては、思ったままに。




目の前にあることを淡々とこなすことが、私の仕事です、と。





いつもなら、「はぁ?」という感じで進む面接が、

なぜか私のペースで進んでいく。




「うんうん、それはいいですね」




「あなたならできるような気がします」





なにか質問はありますか?


そう聞かれた時には、「残業について教えていただけますか?」

素直にそう聞いていました。





残業することには抵抗はないが、

それなりに覚悟を決めたいので教えて欲しいと。




そこからまたとりとめのない話が始まる。




事務処理は手早くして帰ったらいい。

昔は、長時間、それも土日もなく勤務することが

いいとされていた時代があり、自分もそうしていた。



そう、話し始めた。



だが、今は違う。

仕事の話しかできない営業はどうなんでしょうか。

自分の時間もちゃんと確保して、

仕事以外のことにも目を向ける営業の方がずっとよいと今は考える。



仕事をバリバリしたいと考えるのはとても良いことだと思うが、

それ以外の時間もちゃんと持って欲しい。




また、昔は新人をぽんと社会に掘り込んでも

それなりに仕事はできたが、

そんな時代ではない。

OJTを通してちゃんと理解させた上で、仕事に出すつもりである。

だから2ヶ月ぐらいは先輩社員の同行について、

勉強してもらうつもりだ。

何か分からないことがあれば、一人で悩まずに、

相談してくれたらいい。みんなで考えよう。




と、とつとつと仕事感のようなものを語ってくれた。





1週間以内に連絡しますとのことだったが、

3日後通過の知らせが来た。





さすがに今回はとてもいい感じだが、

2回目は通過することはないだろうと思っていた。






支店長は入ってくるなり、


「あなたが噂の」






ん??





適性検査の出来が良かったらしい。


結局聞かれたことは、転職理由のみ。





そしてその時は、

いくら面接で色々な質問をしても、結局は第一印象なんだよ。

君を見る限り、仕事はちゃんと頑張ってもらえると思うよ。

ただ自分は人事異動で4月からはいないが、

君と仕事をしてみたかった、と。

家は関西にあるから、たまには寄って

君の仕事振りを聞かせてもらうことにするよ。




仕事とは、福を運ぶ人間でなければできない。

君にはそれがあると思う。




その後、現場の先輩と2人きりにしてもらい、

さらに突っ込んだ質問をさせてもらった。




是非頑張って欲しい、と即通過通知。




私自身、こんな面接が初めてだったので、

正直戸惑っている。




人が足りないのか?

離職率が高いのか?




そんな不安も付きまとう。





だが今となっては、ただただ愛されて、そして求められているのだ

と思いたいし、そう思わせる何かがある。

(うちのマミーは
金融の人って、人をその気にさせるのが上手なのよ、
なんて言うんだけど、乗せられたのかな・・・
↑うちの母は私を不安にさせるのがとても上手い)



そうなのだとすれば、私も真摯にやるべきことをこなしていきたいと思う。


仕事うんぬん、なんてまだまだ言える身分じゃない。

だから、せめて、雇って後悔されるような人材にはなりたくない、

そう思っている。






一つだけ誰かに言いたいことがある。




私の上司になるかもしれない人が、

塩見三省(シオミ サンセイ)さん



に似てるような気がする。







もし会うことがあれば、聞いてみようと思う。







約2週間で、あれよあれよ、と決まってしまったので、

とまどいが隠せないが、



今から本部の最終面接を受けに行ってくる。




今電話があって、今日来て欲しい、と。




今日行くのは問題ないが、







うどんの食いすぎで、腹がいっぱいなのである。





もうちょっと早く言ってくれよ・・・w




BGM : Don't Worry, Be Happy/Bobby McFerrin


Here's a little song I wrote
You might want to sing it note for note
Don't worry, be happy.
In every life we have some trouble
But when you worry you make it double
Don't worry, be happy.
Don't worry, be happy now.

Don't worry, be happy. Don't worry, be happy.
Don't worry, be happy. Don't worry, be happy.


ここに小さな歌を1曲書きました
これを覚書として歌うといいかもしれません
心配しないで、幸せを感じて。
私たちそれぞれの人生には必ず何か厄介な事があります
でもそれを心配していたら、その厄介な事は倍にもなるでしょう
心配しないで、幸せを感じて。
心配しないで、今幸せを感じてください。

心配しないで、幸せを感じて。心配しないで、幸せを感じて。
心配しないで、幸せを感じて。心配しないで、幸せを感じて。








スポンサーサイト
    
コメント

snow。さんこんにちは

社員一人一人を尊重して伸ばしそれが会社の成長に繋がると言う考えの会社なんでしょうね!
凄くいい会社だと思いますよ~

snow。さんはいい会社とめぐり合えましたね!
せいちろ [ 編集] URL * 03/27. 13:50

あら、こんなところでBobby登場。懐かしい。
それにしても、めっちゃ求められてるや~ん。
「君が噂の」なんてセリフ、ドラマでしか聞いた事ないわ~!
金融業界か~。かっこええやん。
通りすがり@どこのどいつ [ 編集] URL * 03/27. 17:13

…といいつつ、最終通過むりっぼい…しゅーん。
snow。 [ 編集] URL * 03/27. 17:53

だめだったのかい????ヽ(`Д´)ノ

てか、そんなに何回も面接してもったい付けるんじゃないわよ!
現場の人事に本部が口出すんじゃないわよーーー!

いやいや、まだ分かんないんだし・・・
でも、うどん食いすぎたのがいけなかったのかしら?
panda [ 編集] URL * 03/27. 18:44

その通り、うどんの食いすぎが原因に違いありません。
snow。 [ 編集] URL * 03/27. 23:20

金融業界にきたら、私と同じ業界人になるかも?
まぁ私は事務方なので営業を叱り飛ばしてますが。
大丈夫、みんなが私のように鬼(?)じゃないから~。

ちなみにマミーの言葉は合ってるかも(^^;
ウチの営業も口上手いしねぇ。
あさゐ [ 編集] URL * 03/27. 23:59

大きなお金が回りにあるって言ってましたね。(どこでみたかな!?)
あさゐさんのイメージ、なんかほんわかっぽかったのに、
営業を叱り付けるの?
ちょっと変わりましたよw

特にスマートに口が上手いイメージですね、金融は。
営業さんは大体口上手いんだろうけど。
snow。 [ 編集] URL * 03/28. 07:40
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://sushigeisha.blog53.fc2.com/tb.php/37-327271d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。