明日は明日の風が吹く~
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


01 , 27






あまり聞きなれない映画ですが、

中国映画は素朴で、心を揺さぶる映画を発表するときがあります。




「山の上の郵便配達」とか「北京バイオリン」とか。




で、今回かなり遅れて「胡同のひまわり」を観てきました。


本当は去年の映画なんだけど。











文革やら大地震やら、そんな時代背景は

恥ずかしながら私にはよく分かりません。




この映画のテーマ「父と息子





画家である父が、兵役により右手を使えなくなる。

そしてやんちゃな息子の才能を見抜き、絵を描かせようとする。




それはかわいそうな方法で。

観る者がおぞましいと思ってしまうようなやり方で。



でも結局息子は画家になり、絵画展を開く。


テーマは「父と子





ところどころまだ分からないところがあるんですが、

なんの先入観もなく観た私は、いまだに涙が出るぐらい
すばらしい映画でした。



見かけたら是非^^


スポンサーサイト
    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://sushigeisha.blog53.fc2.com/tb.php/250-679464a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。