明日は明日の風が吹く~
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


01 , 16



「わたし、死んでもいいぐらい・・・



幸せです」












ベストセラー作家渡辺淳一が描いた、

愛の果てに辿り着ける、

男と女の“至高の純愛”を描く、

現代を生きる女性必見のラブストーリーである。





そしてR-15指定である。





さらに現代を生きる女性たちは、というと・・・









今日の昼休みの会話>>>


「愛ルケ、見たい気がするよね~」


「見たいみたい!!」


「今日映画1000円デーだよね」


「でも、誰と見に行く?」


「女友達と行くのもね~」


「でも男友達と行くのもなんなのよね~」


「彼氏と行っても、なんか気まずいし・・・」







結論:





女性いっぱいで行けばイイじゃん!










20代の女性が、徒党を組まないと見に行けない

そんな映画になり果てた『愛ルケ』。






ヒットの予感、ある意味間違いなし!







多分現代を生きる私はって?





「それでもボクはやってない」が見たいと言い張って、

帰っちゃうような、むっつりなタイプなんですw





スポンサーサイト
    
コメント
つい…
阿部定を思い出してしまったのは、きっと私だけではないはず。

この映画観たいな~っっ
でも女の子同志で観に行くのは、かなり恥ずかしいかも(*ノノ)キャ

私なら彼と行きますが(笑)
hazuki [ 編集] URL * 01/18. 16:00

ブログがR-15指定のよしゆきロビンソンです。
「その手で~」
と、平井堅が歌ってるヤツですな。
失楽園と比較されるんでしょうね。
1人で観にいったろうかな。
よしゆきロビンソン [ 編集] URL * 01/19. 00:15

▽hazukiさん
アベサダは反対に殺しちゃう方ですからね。
その人を身につけていたい、みたいな^^;

R-15の方が先走ってますが、
実は裁判劇で、かな~り泣ける映画なんです。
マジで感動するらしいので、彼氏とどうぞ。

▽よしゆきロビンソンさん
関西人としては、やはりお一人でご覧になられることを
オススメします。
とてつもなくイタい自分。

ネタになりますぞ。
snow。 [ 編集] URL * 01/19. 00:21

渡辺淳一は基本的にキライ。
だけど、寺島しのぶと豊川悦司は観たい。
お金を払うのはなんか負けた気がする(何にだ?)ので
おいらはテレビで放映されるのを待つ派。。。
あみ [ 編集] URL * 01/19. 03:37

▽あみ
負けた気・・・なぜかよく分かるw

R-15により恐らくゴールデンタイムには放映されないヨカーン
snow。 [ 編集] URL * 01/19. 19:06
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://sushigeisha.blog53.fc2.com/tb.php/243-582d19aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。