明日は明日の風が吹く~
-- , --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


02 , 21
他人がぼそっと言ったある一言が、

心の中にとどまっていることってありませんか?




私は、高校時代に友人が遠山景織子のことを





とおやま かげこと呼んだことを

一生忘れることはないでしょう。




CIN〓MA―遠山景織子写真集












そして私も然り。





私は高校3年生の卒業式の次の日。

忘れもしない3月3日、




そう耳の日にピアスの穴をあけました。





私は勢いだけで行ったので、友人に5,000円を借りました。

その友人にお金を返さず、もう10年以上経ちます。




その話はおいておいて、私は医者でピアスをあけたのですが、

実際問題、別に医者であける必要は全くないと判断した私は、







ピアスあけたいな~

と私の近くで言ってしまった後輩の耳バージンを

片っ端から奪っていきました。









明日ピアッサー持っといで。私があけたる!











そして、さらに勢いを増した私は、

母親の耳にも穴をあけてやりましたさ。









最初は親が産んでくれた五体満足な体に穴をあけるなんて、

と言う母親の耳に、真珠のピアスが光るのは時間の問題でした。



真珠のピアス







私に任せたら大丈夫・・・ふっ」









そして母親が、「ピアス貸してよね」と言ったその時に、

私は迷言を吐くことになるのです。











「ピアスを貸し借りするのはね、










パンツを



貸し借りするのと



同じなのよ!!!











それ以来、母親はピアスを借りようとは考えなくなったようで、


私が母親のピアスをしているのを見るやいなや、










「私のピアスをしないで!!







パンツとピアスは一緒


なのよ!」




と叫ぶのである。



スポンサーサイト
    
コメント
コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://sushigeisha.blog53.fc2.com/tb.php/2-24be4d3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。